NPOまいこネットとは

 京都府医療圏の医療関係機関を京都府デジタル疏水ネットワークなどの光ファイバーケーブルで結び、カルテデータを共同利用することで地域医療連携を推進するNPO組織です。地域連携医療の実現により、より良い医療サービスを提供することを目指しています。

 主な仕事としては、「地域連携医療」を実現するための医療データセンターの構築と運営事業や、「地域連携医療」に関する普及啓発事業を行なっております。


まいこネットの活動 <現状>

 京都府医師会等の各種医療関連機関、行政と連携し、京都府デジタル疏水ネッ トワーク網をバックボーンとして用いた地域医療連携基盤サービス(まいこネット )を2006年4月に運営開始しました。

 また、NPO日本医療ネットワーク協会と連携し、京都のほか、宮崎、熊本、東京など他地域との連携を実現する上位サービス「SuperDolphin」とも接続しています。

 2006年4月より稼働しましたが、京都地域においては、まいこネットに接続されているのは京大病院のみであり、今後の増加を目指して活動を行う予定です。


会員募集

 まいこネットでは、より有効な地域連携医療の推進という趣旨に賛同していただける個人、企業、医療機関、医療関連機関などを広く会員募集しております。

詳しくはこちら


定款

会員名簿



  編集   一覧 単語検索     最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-30 (月) 23:37:03 (3738d)